1. HOME
  2. お知らせ
  3. 全日本モトクロス第4戦決勝

全日本モトクロス第4戦決勝

宮城県のスポーツランドSUGOで開催されたD.I.D全日本モトクロス選手権シリーズの2021年第4戦。決勝日の天候は曇りのち晴れで、粘土質の路面が適度に水分を含んだベストコンディションが保たれました。最高峰クラスのIA1は、開幕戦以来となる今季2度目の3ヒート制。15分+1周のスプリントレースで、見ごたえあるバトルが展開されました。 ここでは、今大会で活躍したライダーの声をお伝えします。

IA1ヒート1

1周目でトップに立った山本鯨(#1)を渡辺祐介(#3)がパスし、これを富田俊樹(#2)が追う展開。レース前半、3台の間隔はそれぞれ2秒程度に開きましたが、後半に入ったところで山本のペースが落ちて富田が逆転。終盤は渡辺がリードを広げ、今季初優勝を挙げました。

優勝 渡辺祐介(#3)

シーズン序盤の2戦は本当にいろいろ苦しんで、思うようなレースができずにいたのですが、地元・東北のスポーツランドSUGOでたくさんの応援に支えられて、なんとか優勝できました。今回は3ヒートあるので、すべて勝つつもりでいます!

2位 富田俊樹(#2)

ヤマハのホームコースであるSUGOでヤマハのワン・ツーというのはうれしいですが、本当は自分が優勝したかったです。渡辺選手の地元ということでかなり警戒していたのですが、案の定逃げられてしまいました。次は自分が勝利できるよう、勝ちにこだわったレースをします。

3位 山本鯨(#1)

レース前半に自分のミスが続いてしまい、後半は疲れにより追い下げてしまいました。とはいえ、表彰台圏内ではゴールできました。ヒート2そしてヒート3に向け、ホンダをはじめとするさまざまな協力を得ながら、自分ができることを精一杯やって臨みます。

IA1ヒート2

渡辺祐介(#3)が1周目からトップを快走。3~4秒遅れて能塚智寛(#5)が追い続けました。残り2周となった8周目、渡辺のミスで両者が2秒程度まで接近。しかし最終ラップで能塚が転倒で後退し、渡辺が優勝。富田俊樹(#2)を抑え続けた小方誠(#4)が2位でした。

優勝 渡辺祐介(#3)

スタートからトップを走り、応援のおかげもあってそのまま15分間逃げ切ることができました。昼休みの散水作業による影響で部分的にとてもスリッピーで、ちょっとコワかったのですが、ヤマハのバイクとダンロップのタイヤに助けられ、なんとか勝つことができました。

2位 小方誠(#4)

スタートで好位置を確保できたので、トップを狙うつもりで走っていたのですが、渡辺選手や能塚選手、そして後ろから迫ってくる富田選手も非常に速くて厳しいレースとなりました。ヒート1は4位という結果に終わってしまいましたが、ヒート3も表彰台に立ちたいです。

3位 富田俊樹(#2)

けっこう路面も荒れていて、なおかつ散水の影響でスリッピーだったので、レース序盤はそれに苦戦しました。後半はペースが上がってきたのですが、小方選手をパッシングできるポイントを最後まで見つけることができませんでした。このままでは終わらせません!

IA1ヒート3

1周目トップは富田俊樹(#2)。これを2周目に能塚智寛(#5)がパスし、渡辺祐介(#3)も僅差で続くと、レース中盤から終盤にかけ三つ巴の激しいバトルが続きました。とくに富田は、何度となく能塚に仕掛けましたが、巧みに順位を守った能塚が今季3勝目をマーク!

優勝 能塚智寛(#5)

前戦から4ヒート連続で5位だったので、長い夏休みに入る前になんとしても1勝して、気持ち良くシーズン後半に向けた取り組みをしたいと思っていました。チームからも「終わり良ければ総て良し」と言われ、このヒートはとにかく精一杯走ろうと誓って臨みました。

2位 富田俊樹(#2)

難しいですね、レースって……。本当は、ここで優勝して気持ち良くインターバルで乗り込みしようと思っていたのですが、勝てなかったことで課題も見えたので、それらをクリアしていくことで次戦の名阪スポーツランドでは勝てると思います。大丈夫です、次は勝ちます!

3位 渡辺祐介(#3)

「全部勝つ」と宣言したのに、最後のヒートでひとつ取りこぼしてしまいました。1周目に自分のミスで順位を落としてしまい、時間も短いことから苦しいレースになってしまいました。でも、応援してくださった方々のおかげですべてのレースで表彰台に立てました!

IA2ヒート1

3周目に大城魁之輔(#2)の転倒でトップに返り咲いた内田篤基(#4)が、4秒前後のリードを守って優勝。2番手争いは、序盤から終盤まで鳥谷部晃太(#35)とIAルーキーの柳瀬大河(#34)と大倉由揮(#4)の接近戦。鳥谷部が逃げ切って2位、大倉を振り切った柳瀬が全日本初表彰台となる3位!

優勝 内田篤基(#4)

今回もスタートが決まったのですが、1周目にライン取りをミスしてしまい転倒。さすがに焦ったのですが、その後はいつもどおりの走りができて、優勝することができました。本当に多くの方々がサポートしてくれているおかげでレースできています。次も勝ちます!

2位 鳥谷部晃太(#35)

昨年はヤマハさんにオーストラリアのトレーニングに行かせてもらい、今シーズンは開幕からその成果を披露するつもりでいたのですが、思うように結果を残せずにいました。それだけに、地元・東北のSUGOで優勝したいと思っていましたが、内田選手に負けてしまい悔しいです。

3位 柳瀬大河(#34)

前戦ではスタートがまったく決まらず、追い上げもうまくいかずに終わってしまったのですが、このレースではとりあえずスタートで好位置を確保し、後ろから迫る大倉選手のプレッシャーに負けることなく順位を守ることができました。次の目標はIA初優勝です!

IA2ヒート2

スタートからトップに立った内田篤基(#4)が、2番手の岸桐我(#8)に対して序盤の3周で約7秒も先行。そのまま一人旅を続けて5連勝をマークしました。岸が2位で全日本IA自己最高位を更新。最終ラップでの鳥谷部晃太(#35)の猛攻をしのいだ大倉由揮(#6)が3位でした。

優勝 内田篤基(#4)

今回もスタートがばっちり決まり、最初からトップに立つことができたので、逃げ切ろうと思って最初からかなりプッシュしました。全日本はこれで約3ヵ月のインターバルに突入しますが、もっともっと強くなって後半戦も勝ち続けられるよう準備しておきます。

2位 岸桐我(#8)

ヒート1は自分の実力不足によりスタートで大きく出遅れ。10位に終わりました。ヒート2こそはホールショットと思っていたのですが内田選手にインを閉められ、そのまま逃げられてしまい悔しいです。次戦までに大倉選手と乗り込みして、トップ争いができる選手になります。

3位 大倉由揮(#6)

ヒート1に続いて、スタートで出遅れてから前を走る選手を抜くのに手こずるレースになってしまい、実力不足を感じています。1年以上も優勝から遠ざかっていますが、このまま表彰台どまりの選手では終わりたくないし、内田選手にも勝ちたいので、この3ヵ月間で絶対に成長します。

レディース決勝

ホールショットは久保まな(#3)。1周目は本田七海(#2)、そして川井麻央(#1)とトップが入れ替わる混戦で、2周目からは川井を1~2秒差で本田がマークする展開。しかしレース中盤に周回遅れが発生したところで川井がリードを拡大して、全日本8連勝を達成しました。

優勝・川井麻央(#1)

予選は久々の2位でめっちゃ悔しかったのですが、日曜日になってみたら朝の練習走行から好調。決勝ではいつもは決まらないスタートがうまくいき、そこからは気持ちよく自分のペースで走ることができました。コースコンディションが最高で、スタッフさんに感謝しています!

お知らせ

お知らせ一覧