外出先でも気軽にチェックできるスマートフォンアプリ

全日本モトクロス選手権に参戦中の国際A級IA1クラスライダーのご紹介

全日本モトクロス選手権に参戦中の国際A級IA2クラスライダーのご紹介

最終戦SUGOにティム・ガイザー選手、富田俊樹選手の参戦が決定

最終戦のビッグニュース!

Hondaは10月28日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県・村田町)で開催される「第56回MFJ-GPモトクロス大会 全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦」 IA1(450ccクラス)に、FIMモトクロス世界選手権2016年MXGPクラス チャンピオンのティム・ガイザー選手(22歳 スロベニア)とAMAプロモトクロス選手権シリーズ(以下、AMAプロモトクロス)の富田俊樹選手(28歳 石川県)を参戦させることを決定しました。

 

 

ティム・ガイザー選手(Team HRC)のコメント
「2015年以来3年ぶりにMFJ-GPに参戦することになりました。日本ファンの皆さんと現地で実際に会えることをとても楽しみにしています。サインをしたり一緒に写真を撮ったり、楽しい時間が過ごせると思います。レースでは、いい走りをファンの皆さんに見せられるよう全力で臨むので、応援よろしくお願いします」

富田俊樹選手(Team HRC)のコメント
「AMAモトクロスシリーズを3シーズン走り、ライダーとして大きく成長できた年だったと思います。日本のモトクロスファンの方には走る姿をしばらく見せることができていないので、今回、皆さんの前で走れることをうれしく思います。ティム・ガイザーも来るので世界のトップライダーとホームでどこまで勝負できるか楽しみです。2015年にIA2クラスで一緒に走ったときの雪辱を果たします。応援よろしくお願いします」

 

記事詳細はHonda公式HPをどうぞ→■

チケットはスポーツランドSUGO 

ライダープロフィールはモトクロ男子